原稿作成要領

北海道畜産草地学会報 原稿作成要領

1.原著論文の体裁

表題,著者名,所属機関名,所在地(市町村名,郵便番号),和文キーワード,英文表題,英文著者名,英文所属機関名,英文所在地,英文キーワード,要約,英文要約,連絡著者名(所属,住所,郵便番号,電話番号,ファックス番号,Eメールアドレス),緒言,材料および方法,結果,考察,文献,図表(説明文を含む)の順序とする.

結果および考察はひとまとめにして記述してもよい.謝辞の必要がある場合は考察の後につける.

表題から英文キーワードまでを第1ページ,要約を第2ページ,英文要約を第3ページ,第4ページより緒言以下を作成する.

本文の図,表,写真の挿入場所は矢印を付けて指定する.

写真の説明文,図および表は英文あるいは和文とする.

研究ノート・技術レポートの記述は,原著論文の記述法に準ずるが,英文要約は不要である.

研究の性格の特殊性により,投稿の手引きに従うことが困難な場合には,異なった体裁でも編集委員会で許可することができる.

2.投稿論文および図表

コンピュータソフトMS wordを用いて作成し,1つのPDF形式ファイルとし,編集委員会までEメール添付書類として投稿する.ファイルには以下のように名前を付ける.以下“Author”は,第一著者の姓とする.
・原稿 Author(.pdf)
・カバーレター Author_Cov(.pdf)(Author とCov の間はアンダーバー.編集委員長宛とし,著者/論文情報などを記載する.)

3.原稿および表

コンピュ-タソフトMS word を用いて作成し,PDFファイルに変換後にE-mailに添付して投稿する.A4版用紙に,横書きとし,上下左右とも2.5cm の余白を設け,全角35字×34行/ページとする.ペ-ジ番号は中央下,行番号はペ-ジごとに左側の余白に記入する.専門用語は,原則として文部省学術用語審議会編「学術用語集」,日本畜産学会編「新畜産用語辞典」を参照する.

4.和名・学名

動植物の和名はカタカナで,学名等は,イタリック体とする.

5.本文中の外人名

本文中の外人名は原名つづりのままでMillsのように姓のみを書き,2名連名の場合はMills and Jennyのようにandでつなぎ並記する.3名以上の連名の場合はMills et al.のように最初の著者名にet al.をつけ,他は省略する.

6.本文中の日本人名

本文中の日本人名も姓のみを記し上記に準ずる.

7.本文中の文献引用箇所

本文中の文献引用箇所には,以下のように記入する.Smith et al. (1992)は食肉の解硬メカニズム,保水性の回復(三浦,1990A;関川と佐藤,1992)および風味の向上について(三浦,1990B)・・・・・・

8.本文中の人名以外の外国語

本文中の人名以外の外国語は原字またはカタカナで書く.

9.数字・諸単位の略号

数字はすべて算用数字を用いる.また,諸単位の略号は原則として以下のようなSI 単位を用いる.
km,m,cm,mm,μm,nm,kl,l,ml,μl,kg,g,mg,μg,ng,pg,h,min,s,mol,M,N,ppm,ppb,J,℃,Pa,rpm,Hz,%

10.引用した文献のリスト

次の手順により作成する.
①雑誌に掲載された文献の記載は,全員の著者名(発行年)表題.雑誌名,巻:最初-最終ページ.の順とする.

Drori, D. and J. K. Loosli (1959A) Influence of fistulation on the digestibility of feeds by steers. J. Anim. Sci., 18:206-210.
佐々木清綱・松本久喜・西田周作・細田達雄・茂木一重(1950)牛の血液型に関する研究. 日畜会報, 27:73-76.
②単行本の記載は,著者名(発行年)書名. 版. 引用ページ. 出版社. 発行地. の順とする.分担執筆の場合は書名の後に゛・・・・・・の項執筆”と書き,編集または監修者名を加える.

Nalbandov, A. V. (1963) Advances in neuron endocrinology. 2nd ed. 156-187. Univ. of Illinois Press. Urbana.
Folley, S. J. and F. H. Malpress (1948) Hormonal control of mammary growth. in The Hormones vol. I. (Pincuss, G. and K. V.   Thimann, eds.) 695-743. Academic Press. NewYork.
諏訪紀夫(1977)定量形態学.第1版.12-23.岩波書店.東京.
③文献の記載には正確を期し,とくに巻,ページを正しく書く.
④文献リストは,まず筆頭者名のアルファベット順に,同一著者による複数の文献があれば発表順に整理する.
⑤その上で,同一著者による複数の文献が同一年にあれば,発表年の後に大文字のアルファベットで区別する(作成要領6,参照).

11.特殊な刊行物の引用

特殊な刊行物を引用する場合は,下記の例にならい全タイトルを記す.
農林水産省統計情報部編 (1990) 平成元年食肉流通統計. 347-351. 農林統計協会. 東京.

12.図版の原図および表

次の規定に従う.
①原図はコンピュータソフトにより作成する.原図のファイル形式はJPEG,TIFF,EPS,PDF としてサイズは5MBを超えないのが望ましい.投稿時は,原稿および表と供に1つのPDF形式ファイルとし,E-mailに添付して投稿する.掲載決定後,印刷用に原図を提出する.
②原図は原則として,図中の文字および数字をも含めて,そのまま印刷できるものとする.
③原図の周囲には 2.5 ㎝ 幅の余白を残す.
④図表は,A4サイズとする.
⑤原稿の最後に,図および表の表題および説明文をまとめて添付する.
⑥カラー図は実費を著者負担とする。

13.要約

要約は総説で600 字程度,原著論文で400字程度,研究ノートおよび技術レポートでは300字程度とする.原著論文には250語程度の英文要約もつける.

14.キーワード

キーワードは5個以内で,和文と英文の両方で記載し,所在地の次に以下のように記入する.
キーワード:アミノペプチダーゼ, 酸性極限pH, 遊離アミノ酸
Keywords:amino peptidase, ultimate pH, free amino acid

15.原稿送り状

提出原稿に以下の内容を記述した原稿送り状を添付する.発送年月日,表題,略表題,著者名,所属機関名,所在地(市町村名,郵便番号),英文表題,英文著者名,英文所属機関名,英文所在地,投稿者氏名,連絡著者名(所属,住所,郵便番号,電話番号,ファックス番号,E メールアドレス),原稿の種別(原著論文,研究ノート,技術レポート,その他(具体的に)),原稿枚数(本文,表,図,図の説明のそれぞれの枚数と合計枚数),別刷りの部数.なお,略表題は,和文は15 文字以内,英文は40 文字(スペース含む)以内とする.

16.原稿を英文で作成する場合

基本的に本投稿規定に従う.記述の順および原稿送り状については,「英文」を「和文」,また,「和文」を「英文」と読み替える.英文はアメリカ英語で作成する.字体は12ポイントのダブルスペースで印字する.1ページ当たり26行とする.なお,英文では,約600語が刷り上がり1ページとなる.

17. 掲載決定後

掲載決定後,別刷の申込が著者に送付される.また,著作権譲渡同意書(ここをクリックしてダウンロード)を作成し,直接郵送あるいはスキャナーで読み込み後PDF形式ファイルとしたものを編集委員会宛に送らなければならない.

18.要領の改正

本要領の改正に当たっては,編集委員会の承認を得るものとする.

原稿作成要領のPDFファイルDownload